グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


ホーム >  看護師 >  看護学生奨学金制度 >  看護師等育成奨学金貸与規程

看護師等育成奨学金貸与規程


浜松赤十字病院看護師等育成奨学金貸与規程

第1条(目的)
この規程は、看護師及び保健師並びに助産師(以下「看護師等」という。)の資格取得を目指す看護学生の修学に必要な資金の一部を、浜松赤十字病院において奨学金として貸与し、優秀な看護学生の修学を支援することを目的とする。

第2条(貸与対象)
本奨学金は、看護師等の資格所得のために、大学、短期大学及び専門学校に入学した学生の内、奨学金の貸与を希望する者で、かつ卒業後、浜松赤十字病院に就業する意思がある者を貸付対象とする。

第3条(奨学金貸与者の人数)
奨学金貸与者(以下「奨学生」という。)は、原則として1学年につき、大学生は2名以内、短期大学生及び専門学校生は3名以内とする。

第4条(奨学金貸与期間)
奨学金の貸与期間は、各校学則の定める修業期間の範囲内とする。

第5条(奨学金の貸与額等)
奨学金は、大学生 年額72万円(月額)6万円、短期大学生及び専門学校生 年額36万円(月額3万円)を上限とし、原則として4月及び10月にそれぞれ6ヶ月分ずつ貸与する。

第6条(貸与申請)
  1. 奨学生になろうとする者は、奨学金貸与申請書、返済計画書を浜松赤十字病院長(以下「院長」という。)に提出して、奨学金の貸与申請をするものとする。
  2. 貸与申請に際しては、連帯保証人2人を立てなければならない。
  3. 連帯保証人は、本規程及び奨学金貸与申請書並びに返済計画書に基づき、奨学生が負う一切の金銭責務を連帯保証する。
  4. 第2項の連帯保証人は、独立の生計を営む身元確実な者とし、その一人は本人の親権者、父母またはこれに代わる者とする。

第13条(返済の免除)
奨学生が卒業後、別に定める条件(※)に該当した場合は、院長は奨学金の一部又は全額を免除することができる。
※「卒業後直ちに看護師等の資格を取得し、本院に一定期間以上就業した場合」

(附則)この規程は、平成21年4月1日より施行する。

お問合せ先

【浜松赤十字病院 総務課 人事係】 電話:053-401-1111