グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


ホーム >  初期研修医 >  浜松市と浜北区の住環境

浜松市と浜北区の住環境


浜松市について


 浜松市は静岡県の西部に位置し、東京と大阪のほぼ中間にあります。人口約80万人で、7つの区からなる県内最大の政令指定都市です。
 日本のほぼ中央に位置し、鉄道や高速道路、航空路すべてのアクセスが良好です。
  
 面積は1,558km2と全国第2位の大きさで、海岸や浜名湖でのマリンスポーツや、山間部での登山やキャンプなどのアクティビティが、市内で楽しむことができる広い市です。

浜松市ホームページより引用


 気候は温暖で、年間平均気温14.5℃~16℃ほどです。真冬でも氷点下になることは少なく、積雪は山間部を除けばほとんどありません。
 また、日照時間が長く全国でもトップクラスで天気が良い市です。
 
 何事にも果敢に挑戦してみようという気質「やらまいか精神」が根付いており、輸送用機器や楽器などを生産する企業が集積し発展しています。

 鉄道はJR東海、私鉄の遠州鉄道、第三セクターの天竜浜名湖鉄道の3社が運行しています。  市外から訪れるにはJRの新幹線か在来線、市内の移動には遠州鉄道がよく使われます。
 道路は東名高速道路と新東名高速道路が通っており、車で訪れるには便利な都市です。

 市内には遠鉄バスが走っており、主に浜松駅と市内の主要施設を繋いでいます。

浜松市には郊外型のショッピングセンターが多く立地しています。休日のショッピングで行き先に困ることはありません。
 浜北区にはPLE葉ウォーク浜北サンストリート浜北があり、仕事終わりにちょっと買い物にいくこともできます。
浜松市についてもっと知りたい方は、浜松市公式ホームページをご覧ください。
   出世の街 浜松 みりょく大集合

浜北区について

浜北区で行われる「万葉まつり」


 浜北区は7つの区のひとつで、北部に位置し人口は約10万人です。近年は住みやすさから転居する人が多く、7区の中で唯一人口が増加しています。
 当院は新東名高速道路「浜松浜北IC」から近く、浜松市中心街へは電車または車で30分ほどの距離です。最寄駅は遠州小林駅で、駅周辺は都市計画事業が進行しており今後成長する地域です。

 浜北区には遠州鉄道(通称:赤電)と天竜浜名湖鉄道が通っており、遠州鉄道では12分に1本という高頻度で浜松駅行きの電車が運行しています。病院最寄の駅は「小林駅」で、徒歩5分程度のところにあります。
  (小林駅~新浜松駅 約26分、390円)
 天竜浜名湖鉄道(通称:天浜線)は市北部を横断しており、東西の移動に使われます。近年は歴史の古さから観光客が市内外から訪れています。

 浜北区には中規模病院が4ヶ所あります。当院と 国立病院機構天竜病院、十全記念病院、浜北さくら台病院 です。
 また、区内には診療所が約70ヶ所あり、緊密に連携を取りながら地域医療を支えています。