グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


ホーム >  初期研修医 >  初期臨床研修プログラム

初期臨床研修プログラム



研修の概要


期間:2年

プログラム責任者:俵原 敬(副院長)

研修終了後の進路

研修終了後には、循環器内科、消化器内科、一般消化器外科、整形外科等の専門研修が可能です。

研修医の指導体制

当院の指導体制は、指導医を中心とした各科スタッフによる「屋根瓦方式」を原則とし、研修医の皆様は、教育上必要な入院患者数を担当します。また、疾患によっては関係する専門医の指導を随時受けることができます。

研修期間および臨床研修病院(基本パターン)

1年次

4月 内科(6ヶ月)
5月
6月
7月
8月
9月 外科(3ヶ月)
10月
11月
12月
1月 救急部門(3ヶ月)
2月
3月

2年次

4月 地域 (1ヶ月)
5月 小児科 (1ヶ月)
6月 ※選択(複数可) (10ヶ月)
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
1年次の内科、外科、救急及び2年次の小児科は浜松赤十字病院で実施
2年次の地域医療は引佐赤十字病院他で実施

選択診療科(研修期間)

浜松赤十字病院 (1ヶ月~) 循環器内科、呼吸器内科、外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、小児科、麻酔科、病理・検査
旭川赤十字病院・名古屋第一赤十字病院・沖縄赤十字病院
(平成31年度からは武蔵野赤十字病院、横浜みなと赤十字病院とも連携予定)
(いずれかの病院で2ヶ月) 内科及び救急
浜松医科大学医学部附属病院 (2ヶ月) 産婦人科
神経科浜松病院 (1ヶ月) 精神科